神戸のインプラント歯科医院ガイド

神戸のインプラント歯科医院ガイド

実績豊富な神戸のインプラント歯科医院なび

歯周病で歯茎が弱い

ここでは、現在、歯周病の人がインプラントをする場合、どのような事に気をつければ良いのかについてご紹介します。

歯周病でもインプラントはできる?

歯周病でもインプラントができるのかどうか、疑問に思っている方もいらっしゃるかもしれません。

結論を言えば、歯周病の人はまずは歯周病を治してからインプラントをするという事です。

たとえば、ひどい歯周病で前歯がぐらついていたCさんの場合。

  • 残すことができない前歯を抜歯
  • 歯周病の治療

を行ってから、インプラント手術を行いました。

手術後は歯並びも美しくなり、しっかりと咬めるようになりました。

※歯茎だけでなく、骨まで減っている人はインプラント手術をする前に、骨を増やすための手術(サイナスリフト、ソケットリフトなど)を行う場合もあります。

インプラント治療後の毎日のケアが大切

Cさんのように、現在歯周病の人でも歯周病をきちんと治せば、インプラント治療ができます

かみ合わせも正しくなり、審美性も増し、口臭も改善されるので、笑顔に自信が持てるようになるでしょう。歯のぐらつきもなくなり、しっかり咬めるようになるので、食事も楽しくなると思います。

一番大事なのは、治療の後のケアです。

毎日の正しい歯磨きと定期健診、生活習慣の改善で、一生モノの健康な歯と歯茎を保っていきましょう。

インプラントは人工の歯なので虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。歯周病の原因は歯垢(プラーク)、歯石、たばこなどです。また、糖尿病の人は歯周病になりやすいと言われています。
せっかくインプラントにしても、また歯周病になってしまったのでは、元の黙阿弥です。

一度、歯周病になってインプラントの手術をされた方なら、歯の大切さを身に沁みて感じていらっしゃる事と思います。

毎日のこまめなケアで、歯の健康を維持していくのが大切です。