神戸のインプラント歯科医院ガイド

神戸のインプラント歯科医院ガイド

実績豊富な神戸のインプラント歯科医院なび

入れ歯を使用している

ここでは、現在入れ歯をしている方がインプラントをしたらどう変わるのかについて、ご紹介します。

入れ歯からインプラントを考えている人へ

すでに入れ歯をしている方なら、入れ歯の不便さ・不快さについては、よくご存じの事と思います。

  • 手入れがとても面倒(外して洗浄しなければならない)
  • 口臭の原因になる
  • 入れ歯を外した時の顔がとても老けてみえる
  • 咬み心地に違和感があり、食べ物がおいしく感じられない

そんな数々の不快感をぬぐいさってくれるのがインプラント治療です。

インプラントは、歯肉に人工の歯根を埋め込んで、その上に人工の歯をかぶせる方法です。

  • 取り外す必要がなく、お手入れ方法は天然歯と同じ
  • しっかりと力強く咬める
  • 顎の骨がやせないので、顔がしぼむのを防ぐ

等の利点があります。

ただ、保険適用外のため費用がかかる事、手術が必要だというデメリットもあります。

ほとんど歯が無い状態からのインプラント

では、実際の事例をご紹介します。

たとえば、20年以上も入れ歯を使用してきたAさんの場合。

  • 入れ歯がぐらつく
  • 食事がしづらい
  • 発音も困難になってきた

という悩みを解消するため、インプラント治療を決心しました。

ほとんど健康な歯が残っていないため、4本のインプラントから歯をつくる「オールオン4」という方法を行いました。

  • しっかりと咬めるようになった
  • 発音も明瞭になった
  • 見た目も美しくなった

という事で、ご本人も大満足なようです。

入れ歯を固定させるためのインプラント

また、完全なインプラントに比べて効果は落ちますが、入れ歯を固定させるためのインプラントという方法もあります。

入れ歯を使用中のBさんの場合、

  • 入れ歯が動いて外れやすい
  • 硬いものが咬めない

という悩みを持っていました。

磁石で入れ歯を固定させるインプラントを行ったところ、

  • 入れ歯の安定感が非常に良くなった

という結果になりました。

この方法は、インプラントで人工歯をつくる方法に比べて安価で短時間で済むというメリットがあります。

ただし入れ歯から完全に解消されるわけではなく、咬む力も本物のインプラントに比べると若干落ちるようです。

コンテンツ一覧