神戸のインプラント歯科医院ガイド

神戸のインプラント歯科医院ガイド

実績豊富な神戸のインプラント歯科医院なび

名医の条件とは

ここでは、インプラントの名医を判断する方法ついてご説明していきたいと思います。

インプラントの名医の条件 まずは実績と症例数をチェック

インプラントの名医と呼ばれる医者を探すため、一番の鍵となるのは実績や症例数です。

簡単な話ですが、インプラント手術を年間数本しか行わないドクターと100本以上行うドクター、技量に優れるのは間違いなく後者です。インプラントは虫歯治療などとは違い、歯医者さんなら誰でも行えるというものではありません。専門的な技術や経験が必要な、難易度の高い治療方法なのです。

ですので、ドクターの善し悪しを判断するには、少々勇気のいることですが「年間何本のインプラント手術を行っているか」を質問してみてください。それで気を悪くしたり言葉につまるようなドクターなら避けた方がよいでしょう。

インプラント認定医とは?

実績や症例数と並び重要となるのが、インプラント認定医のドクターが在籍しているかどうか、そしてそのドクターは常勤か非常勤かという点になります。

インプラント認定医とは、簡単に言えばインプラントを正しく行う技術を備えた歯科医であることを学会より認定されているという意味です。

インプラントは注目度や需要がどんどん高まっていますが、一方で高度かつ専門的な技術が必要であり、歯科医なら誰でも行えるというものではありません。

そこで、歯科医のインプラント技術の向上と、患者が安心してインプラント治療を受けられる環境を整備することを目的に制定されたのが、このインプラント認定医制度になります。

この資格を得るには、特定の施設における研修や、認定医試験などの条件をクリアする必要があります。患者の立場から見れば、ドクター選びの際に、一番わかりやすい判断基準と言えるでしょう。

なお、インプラント認定医制度というのは、医師国家試験のように統一化されたシステムではなく、複数の学会がそれぞれに基準を定め、それに基づき条件をクリアした歯科医に認定を与えているというしくみになっています。

逆に言えば、インプラント治療の実績は豊富なのに学会の認定は受けていないというドクターも存在するそうです。とは言え、一介の患者からすれば「学会から認定されている」という事実は大きな安心であることは間違いありません。

ちなみに、私がお世話になった神戸三宮インプラントセンターの松本総医院長は、国内外合わせて5つの学会から認定を受けているというドクターです。しかも、そのひとつのOAMインプラント学会においては、認定医を指導する資格を持っているそうです。

また、同グループに在籍するドクターは全員、主要な学会の認定医資格をお持ちとのこと。この点も、大きく惹かれたポイントとなりました。

詳しくは神戸三宮インプラントセンターのHPをご確認ください≫≫

コンテンツ一覧