神戸のインプラント歯科医院ガイド

神戸のインプラント歯科医院ガイド

実績豊富な神戸のインプラント歯科医院なび

CTで事前チェック

歯科用CTをインプラント治療に使用するメリットを調査。レントゲンや医科用CTとの違いに迫ります。

インプラントにCT撮影を利用するメリット

インプラント手術を行なうには、顎の骨の状態を見る必要があります。

顎の骨に充分な厚みがないと、インプラントを埋め込むことができません。しかし、肉眼では骨の状態はわからないので、レントゲンやCTなどを使って口腔内を撮影します。

最近では最新設備が整った歯科医院が増えてきたので、CT撮影をすすめられることも多いでしょう。

虫歯などの治療でレントゲンを使うことは一般的ですが、CTについてはなじみが薄いかもしれません。インプラント治療でレントゲンに比べてCTが推奨されるのはなぜでしょうか。レントゲンと比べたCTの利点をあげてみましょう。

  • 立体的に骨の状態がわかる。
  • さまざまな角度から骨の厚さがわかる。
  • 骨以外の組織の情報もわかる。
  • 医師による診断結果のずれがない。
  • 迅速な判断が可能

レントゲンというのは、いわば体内を透かして見た映像を写真に撮ったものなので、写っている影の濃淡から、状態を判断しなくてはなりません。つまり、診断結果はレントゲンからの推測にすぎないということです。

それに対してCTは、人体のあらゆる角度の断面図を撮影して、コンピュータで組み合わせて解析する技術。最初から3次元で顎の状態を見ることができるので、診断する医師によって判断が大きく変わるということがありません。

また、CTでは骨をさまざまな角度から見ることができます。そのため、部位によって微妙に異なる骨の厚みや形、高さなどが細かくわかるので、骨が薄いところにインプラントを埋め込んでしまう危険がありません。

さらに、神経や血管の位置も特定できますし、歯周病や外から見つけづらい虫歯を発見することも可能。万全を期してインプラント手術に臨むことができます。

最新の歯科用CTについて

近年、歯科用に特化されたCTが開発されて、大学病院のみならず多くの歯科医院にCTが導入されました。これは医科用CTのものと違い、座ったままで口腔だけの撮影を行います。撮影時間が10秒程度と短いので、放射線量も医科用の20分の1から40分の1ほどです。

歯科用CTはインプラント治療だけでなく、以下のような歯科治療にも積極的に用いられています。

  • 抜歯

親知らずなどの複雑な抜歯の際に、CTで神経や血管の位置を確認することで、安全に歯をぬくことができます。特に親知らずの歯根が顎の奥深くにある場合、抜歯の際に太い神経に触ることがあるので、以前は抜歯を見合わせることもありました。しかし、CTで細かい位置関係を確認できるようになってから、難しいケースでも抜歯が可能になってきました。

  • 矯正治療

CTで顎の状態を立体的に把握することで、治療によって歯がどのように動くか予測を立てることができます。このため最短・最善の治療計画が立てられます。

  • 歯周病治療

歯周病は細菌感染によって歯肉が炎症を起こし、最終的には歯槽骨(歯を支えている骨)を破壊する病気です。CT撮影によって、歯茎の状態や骨破壊の度合いを正確に見ることができるので、適切な処置を施すことができます。

インプラント治療は単に歯を埋め込むだけでなく、事前の入念な準備が必要です。最新の歯科用CTが整った医院で、口腔を総合的にチェックしてから治療を行なうことで、より満足度の高い結果が得られるでしょう。

コンテンツ一覧