神戸のインプラント歯科医院ガイド

神戸のインプラント歯科医院ガイド

実績豊富な神戸のインプラント歯科医院なび

インプラント メリットとデメリット

自分の歯と同じようにしっかり食べ物が噛める、インプラント治療のメリットとデメリットについて紹介しています。

インプラントのメリットについて

インプラントは、入れ歯とブリッジ(※1)、2つの治療法のメリット・デメリットと比べても、最もオススメの治療法です。
現在の歯科医療の最先端技術を駆使したインプラント治療は、ブリッジのように周囲の歯を削る必要がありません。その上、周囲の歯の負担を軽減させる事が出来るのです。治療後は、自分の歯と同じような感覚で食べ物を噛むことが出来ます。入れ歯のような違和感もありません。
口コミでは、食べ物が美味しく感じるようになった、と評判の治療法なのです。

インプラントには、以下のようなメリットがあります。

  • 健康な歯を削る必要が無い
  • 入れ歯とは異なり、口の中に異物感がない
  • 値段の安い入れ歯にあるような痛みや外れる、といった煩わしさが無い
  • 天然歯とほとんど見分けが付かない仕上がり
  • 短期間で治療が終わる
  • 天然歯とほぼ同じような強い力で食べ物を噛むことが出来る
  • 保険が適用される

※1 ブリッジ…歯が抜けてしまった際、両どなりの歯を削って土台を作ります。そこに橋渡しをするような形で人工の歯を入れ、欠損部分を回復する治療法です。

デメリットはあるの?

インプラントは、アフターケアが重要になる治療法。口の中を常に清潔な状態にしていれば、炎症は起きません。しかし、ブラッシングが悪くて汚れが長期間付着したり、体調不良で感染しやすくなっている場合は、炎症が起こることもあるのです。
最悪の場合、インプラントを除去しなければならなくなるため、デンタルフロスなどで歯の隙間にある歯垢をケアする必要があります。美しい歯を保つために歯医者で歯の磨き方を教わると、良いかもしれませんね。

インプラントには、以下のようなデメリットが挙げられます。

  • 顎の骨の状態によっては、インプラント治療が出来ない場合がある
  • インプラントは医師の技量が重要になってくるため、虫歯などの治療と比べ、医師が限られる
  • 治療事故が起こった場合は、深刻な健康被害が出ることもある
  • 費用が高い
  • こまめなメンテナンスが必要
  • インプラントの事前・事後のカウンセリングには内科の知見。しかし、内科の知見を持った歯科医は、あまり多くない
  • インプラントは外科手術(口腔外科)だが、一般開業医の歯医者の場合、外科の知見を持っている者があまり多くない
  • 骨粗しょう症・高血圧・糖尿病・肝炎などの持病の薬を服用している方は、治療できない事もある
  • 歯根膜(食感・味覚を感じる組織)が失われるため、今より食事の満足度は下がる

インプラントはデリケートな治療法。長期間、効果を持続させるためにクリニックで適切な治療を行ってもらい、きちんと管理するようにしましょう。

コンテンツ一覧