神戸のインプラント歯科医院ガイド

神戸のインプラント歯科医院ガイド

実績豊富な神戸のインプラント歯科医院なび

入れ歯やブリッジとの違い

インプラントとはどんな治療法か。入れ歯やブリッジと比べた場合のメリットとデメリットを紹介します。

なんでも咬めるインプラントは第2の永久歯

インプラントとは、失った歯のところに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取りつけるものです。

インプラントと顎の骨はしっかり結合しているので、自分の歯と同じように咬めます。これが第2の永久歯とも呼ばれるゆえんです。

実際、インプラント手術の後、今まであきらめていたお煎餅やガムなど、何でも咬めるようになって感激したという人も多いようです。

デメリットは、入れ歯やブリッジと比べて、少々費用がかかるという事。簡単な手術が必要になるという事です。

入れ歯は安価だけれど食べ物が食べづらい

入れ歯は、残っている歯に金具を引っかけてとめる「部分入れ歯」と、まったく歯がない場合に顎の上にのせる「総入れ歯」があります。

入れ歯のメリットは、まず安価で、手軽だという事です。

デメリットは、第一に、手入れが大変な事。綺麗にするには入れ歯をいったん外して洗浄をしなくてはいけません。旅行先でも取り外さなくてはならないので、面倒だと感じる人も多いようです。

また、咬み心地に違和感があったり、食べ物が食べづらいという難点もあります。

そのほか、総入れ歯にすると、顎の骨がやせてくるので、口元にしわがよりやすく、老けて見えるというデメリットもあります。

ブリッジは他の歯に負担がかかりやすい

ブリッジは、失った歯の両側の歯を削って、そこに橋渡しをするような形で人工の歯を取りつけるものです。

審美性を重視しなければ、金属製ブリッジを使えば保険が適用できるので安価でできます

デメリットとしては、歯がほとんど無い場合には使えないという事。

周りの健康な歯を削り、そこにブリッジをかけるので、健康な歯に大きな負担がかかるという事です。

また、失った歯の部分の骨がやせてきてしまうのも気になります。

コンテンツ一覧