神戸のインプラント歯科医院ガイド

神戸のインプラント歯科医院ガイド

実績豊富な神戸のインプラント歯科医院なび

ソケットリフト

インプラント埋入にあたって、顎骨の骨量が少ないときの治療法のひとつ、ソケットリフト。

ここでは、ソケットリフトの特徴や治療法などを紹介していきます。

手術時の負担が少ないソケットリフト

インプラントを挿入する穴(ソケット)から移植骨を挿入し、人工歯根に必要な骨量を得る方法。

ソケットリフトもサイナスリフトも、骨移植によって上顎の骨を押し上げて骨量を確保する、という点では共通しています。

では、この2つの治療は何が違うかというと、一番異なる点は手術時の患者への負担です。

顎骨側面の歯肉を切開して移植するサイナスリフトに対し、前述のようにソケットリフトはインプラントを挿入する穴を利用して移植します。

切開箇所が1箇所ですみ、傷口も最小限にとどめられるため、最近ではソケットリフトでの施術を薦めるクリニックも増加。日帰り手術が可能なうえ、腫れや痛みも少ないので、患者側にとってもメリットの大きい治療法といえるでしょう。

注意点としては、サイナスリフトに比べて移植できる骨の量が少ないため、ある程度の骨の厚み(5mm以上)がなければできない点です。

ソケットリフトの施術の流れと相場

ソケットリフトの治療の流れも、簡単に紹介しておきます。

  • 上顎洞まで1ミリ骨が残るよう、インプラント挿入位置に穴(ソケット)を開口。
  • 専用器具を穴から挿入し、上顎洞底粘膜(シュナイダー膜)を持ち上げ、移植スペースを確保。
  • 確保したスペースに自家骨、または骨補填材を入れる。
  • インプラント本体を埋入する。
  • 移植した骨やインプラントがなじむのを待つ。
  • なじんだら、かぶせ物を装着して完了。

インプラントをなじませる期間に、およそ4~6ヵ月ほどかかるため、だいたい半年ほど治療期間を見積もっておく必要があるでしょう。

歯科医院によって費用に幅はありますが、費用相場は30,000円~100,000円程度がひとつの目安となってきます。

サイナスリフトよりも費用はやや低めの傾向にありますが、ソケットリフトには高い技術力が必要です。

たとえば、専用器具(オステオトーム)で上顎洞底部を持ち上げる際、上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を破らない技術。ソケットリフトは目視しての施術ができないので、破らない力加減、移植骨量の限度など、熟練の技と経験が求められるのです。

ですから、ソケットリフトでのインプラント治療を検討しているならば、実績の豊富なクリニック、歯科医師を選ぶといいでしょう。

checkソケットリフトがうけられる神戸の歯科医院をチェック>>

 

コンテンツ一覧