神戸のインプラント歯科医院ガイド

神戸のインプラント歯科医院ガイド

実績豊富な神戸のインプラント歯科医院なび

GBR

インプラントに必要な骨量が足りない場合、移植ではなく「骨をつくって増やす」手法があります。それがGBRです。

GBR(骨再生誘導法)とは

GBRとは「Guided Bone Regeneration」の略、つまり骨誘導再生法がGBR。

人工骨補填剤を利用すれば自家骨移植の必要がないため、他の部位を傷つける心配もありません。このGBR技術の発達により、いまでは骨量の足りない多くの患者さんがインプラントにできるようになりました。

GBRは、骨を増やしたい場所に人工骨補填剤を入れ、特殊な膜(メブレン)で覆います。すると、覆った場所に骨芽細胞が集まってきて骨ができる、というしくみ。

個人差はありますが、インプラントに必要な骨ができあがるまでおよそ3ヶ月から6ヶ月ほどかかります。

以上はインプラント治療の前準備として施される、GBR。

これに対し、「インプラント埋入には少しだけ骨が足りない」ケースでは、インプラント治療と同時に施術するGBRも用いられます。

GBRの費用相場と治療の流れ

GBRの費用は、60,000円~15,000円程度。クリニックによって費用の幅がありますので、あくまで目安のひとつとして参考にしてください。

前準備としてのGBR、インプラントと同時施術するGBRそれぞれの治療の流れについても、簡単にまとめてみました。

★前準備としてGBR治療の流れ

(1)骨補填剤(または自家骨)を、骨が足りない部分に充填。
(2)特殊な膜(メンブレン)で骨補填剤を包み、固定。
(3)徐々に骨が再生してくるので、数ヶ月、安定するまで待つ。
(4)再生した骨が安定したら、メンブレンを除去し、インプラントを埋入。
(5)インプラントが安定すれば、人工歯冠を装着。

★インプラントと同時施術するGBR治療の流れ

(1)インプラントを先に埋入。
(2)骨の少なくなっている部分の歯肉にメンブレンを挿入。
(3)骨がメンブレン内で再生するのを待つ。
(4)再生した骨が安定すれば、インプラントに人工歯冠を装着。

骨量が大きく足りないケースや、1度のGBRでは必要な量が再生できないケースなどは、2~3回にわたってGBRを繰り返すこともあります。

誰でもインプラントができるようになる治療として広まってきているとはいえ、GBRには高い専門技術が必要なことも事実です。

インプラント治療の専門性が高いクリニックを選ぶことが、間違いのない治療をうける必須条件ともいえますので、よく見比べながら最良の歯科を見つけてください。

checkGBRがうけられる神戸の歯科医院をチェック>>