神戸のインプラント歯科医院ガイド

神戸のインプラント歯科医院ガイド

実績豊富な神戸のインプラント歯科医院なび

骨移植などによるインプラント治療法

インプラントに必要な顎骨の量が足りない人もいると思います。

そのようなケースでもインプラント治療が可能となる、骨移植による治療法を紹介しましょう。

骨移植で拓けるインプラント治療

  • 顎骨が痩せている
  • 顎骨の形状に問題がある
  • 骨量が足りないが入歯は嫌だ

このような方でもインプラントにできるようになるのが、骨移植による治療です。

骨移植には、自分の骨を利用する自家骨移植方法と、人工の補填材を利用する方法、骨再生を促す骨再生誘導法(GBR)などがあります。

そして、症状に応じてサイナスリフトやソケットリフトなどの手術を施し、骨の量に不安がある方でもインプラントの埋入手術が可能な状態となるのです。

「サイナスリフト」「ソケットリフト」「GBR」については、個別ページでより詳しく紹介していますので、あわせて参照ください。

インプラント骨移植の流れ

おおまかな骨移植の流れについても、触れておきましょう。

  • 局部に麻酔を打ちます。自家骨で移植する場合は、下顎部などから骨を採取します。
  • 採取した自家骨、もしくは人工補填材を、骨の薄くなっているインプラント埋入位置にピンで固定します。
  • 移植した自家骨、人工補填材周囲を、粉砕した自家骨や補填材で埋め、切開部分を縫合します。
  • 手術後、3~4ヶ月ほどで移植骨、人工補填材が安定してくれば、固定していたピンを抜きます。これで骨移植手術は完了です。

このあと、移植部分に問題ないと歯科医師に判断されたら、インプラント本体の治療に進む流れとなります。

インプラント本体の治療は、通常の埋入手術となんら変わりませんので、歯科医の先生の指示に従いながら治療を進めていけばよいでしょう。

ただし、インプラント治療が終わっても、それでおしまいではありません。

骨移植でインプラントにした場合は、定期健診やプラークコントロール怠らず、より入念なメンテナンスを心がけてください。

コンテンツ一覧